自動販売機を設置するメリット・デメリット

自動販売機を設置するメリット

土地やビジネスに関心がなければご存じないのも当然かもしれませんが、自動販売機の設置はローリスクで行える副業であり、土地を提供するだけで良いフルオペレーションはもちろん、商品の補充や自動販売機の保守点検を行うか委託するセミオペレーションであれ、
複数個所に設置するのでもない限りはさほどの労力なく行える効率の良いビジネスです。

具体的なメリットとして、初期投資さえ終えれば人件費が必要なく、商品の補充や保守点検だけ行っていれば良いため、維持費用も月額5000円未満の電気代で済むなどコストパフォーマンスに優れ、土地として利用のしようがない猫の額のような土地でも設置可能で、自動販売機の移動が比較的容易なことから、需要のある土地を探しやすいなどの点が挙げられ、総合的にビジネスとしてローリスクな点が強みではないでしょうか。

自動販売機を設置するデメリット

ローリスクかつスピィーディーに展開可能な自動販売機設置ビジネスは、ローリスク・ローリターンながら安定性に優れる上、展開もしやすいなど多くのメリットを持つものの、メリットばかりなら誰もが自動販売機設置ビジネスを行うであろうことは想像に難くないことからお察しいただけるように、デメリットも伴うビジネスです。

自動販売機設置ビジネスのデメリットとして、自動販売機が飲料を販売するため避けられないゴミ問題が真っ先に挙げられ、飲料の空き缶やペットボトルに加え、飲料と一緒に食べられることが多い弁当ゴミやお菓子の空き袋、コーヒーと一緒に嗜むのであろう煙草の吸殻、自動販売機用ゴミ箱に収集していない種類のゴミが混入されるリスクがある他、商品補充時に発生する音が騒音と見なされたり、自動販売機が破壊されたりする可能性があるのもデメリットと言わざるを得ません。


この記事をシェアする
ツイート
いいね
B!はてブ