日本の自動販売機設置台数が多い理由

日本におけるオーソドックスな自動販売機といえば、飲料の自動販売機であり、自動販売機といえば飲料のイメージが強いかも知れませんが、広義における自動販売機は省力機械であり、飲料を含めた物品販売の自動販売機のみならず、ゲームセンターの筐体のようにサービスを提供するものも自動販売機の一種です。

自動販売機を設置するメリット・デメリット

基本的に自動販売機を設置する目的は、自動販売機の売却益から利益を得ることに他ならず、スタンダートな飲料の自動販売機であれば、台数が少ないのであればローリスクかつ労力もあまりかかりませんが、自動販売機の設置に伴い生じるゴミ問題や地域住民とのトラブルが生じる可能性があります。

自動販売機の設置に各種許可が必要とされるのは何故か

缶やペットボトルに代表される、ポピュラーな清涼飲料を扱う自動販売機の場合、自動販売機の設置を申請し許可を得るだけで問題ありませんが、食品を販売する自動販売機やカップ式飲料自動販売機の設置は、食品衛生法に抵触するため、食品衛生法上の販売許可が求められるのが一般的です。

自動販売機についての基本的な知識

日本の自動販売機は、商品ラインナップの充実やディスプレイのわかりやすさ、誤作動発生率の低さなど、性能面やサービス面において優れており、世界水準からみてもトップレベルであるのみならず、設置箇所に駅構内や街中といった管理が行き届きにくい箇所も多分に含まれるため、性能面やサービス面と同様に設置台数の多さにおいても群を抜いて多く、観光や海外出張で訪日した外国人、とりわけ海外出張で長期にわたって日本に滞在した外国人に、日本で印象に強く残っている事柄の一つとして挙げられるほど、インパクトを与えています。

なぜ、日本の自動販売機が性能面やサービス面において優れ、設置台数が多いのかと言えば、日本で自動販売機が広まり始めた当時の日本の労働条件の悪さが大きく関わっており、自動販売機の設置が行われていた頃の日本の会社員の多くは、残業や徹夜に高頻度で見まわれ、24時間営業のコンビニも無かったため、ちょっとした息抜きのために時間に関係なく使える、価格がリーズナブルな自動販売機への需要は非常に高く、瞬く間に自動販売機の設置が進み、全国各地に自動販売機が設置されるまでに、そう時間はかかりませんでした。

つまるところ、日本の自動販売機の設置台数の多さは、自動販売機の設置が始まった当時、自動販売機への爆発的な需要があったことで、自動販売機が全国的に普及したことによって、自動販売機の認知度が急上昇した上、自動販売機設置の土壌が整ったことに起因し、性能面やサービス面のクオリティの高さは、設置台数の多さに伴う、顧客獲得競争の過程で育まれたものに他なりませんが、自動販売機への需要に加え、日本の治安が良いことも自動販売機設置台数が多い要因でしょう。